インターネットバンキング

サービスのご案内

インターネットバンキングサービスとは
 インターネットバンキングは、インターネットを使って、お取引口座の残高や入出金明細の照会サービスがご利用いただけ、また、お取引口座から他の金融機関への振込み(事前に御登録いただいている御本人様名義の口座)ができる便利なサービスです。
尚、1日あたりの振込・振替限度額は1,000万円です。

対象口座
普通預金

ご利用日およびご利用時間
照会業務(口座の残高照会・入出金明細照会)
平日  0:00〜24:00
  土曜・日曜・祝日 0:00〜24:00
振込・振替
  平日 当日扱い 0:00〜15:00
      予約扱い 0:00〜24:00
  土曜・日曜・祝日 予約扱い 0:00〜24:00

手数料
無料

ご利用可能なパソコンについて
 SSL128Bitの暗号化方式が動作するWWWブラウザ(Netscape Navigator(日本語版)またはInternet Explorer(日本語版))が搭載されたパソコン。
なお、お取引にはe-mailアドレスが必要です。


ご注意いただく事項(その7)

インターネットバンキングにおけるセキュリティ対策

平成27年9月1日
 当組合では、平成27年9月21日(月)より、インターネットバンキングのセキュリティ強化の観点から、「リスクベース認証」機能を導入させていただきます。
 つきましては、9月21日(月)以降にインターネットバンキングにログインされますと、登録画面が表示されます。本機能はインターネットバンキングをご利用の全てのお客さまが対象となりますので、お手数をおかけいたしますがご登録をお願いいたします。
  「リスクベース認証」機能導入について(登録方法等)

リスクベース認証
   リスクベース認証は、お客さまのご利用環境(利用されているパソコンやネットワークなど)を総合的に分析し、利用者がお客さま本人であるかを確認する必要があると判断した場合に、追加認証(あらかじめお客さまに登録していただいた「ご本人情報」の入力)をしていただき、不正防止を図る機能です。

 
ご注意いただく事項(その6)

インターネットバンキングにおけるセキュリティ対策

平成27年7月21日
 最近、インターネットバンキングの不正利用が依然として発生しており、セキュリティ対策強化の必要性が高まっております。
 当組合では、この度セキュリティ対策強化として、ワンタイムパスワードメール通知パスワードを導入いたしました。従来のパスワードに加え、「可変式パスワード」の入力を加えることでセキュリティの強化が図れます。

ワンタイムパスワードおよびメール通知パスワード利用開始登録手続説明書

ワンタイムパスワード
   パソコンからインターネットバンキングにログインしていただく際、「ログインID」「ログインパスワード」に加え、携帯電話やスマートフォンに表示される1回限りの使い捨てパスワードを入力して、インターネットを利用する機能です。

機能の概要 ワンタイムパスワードについて

 利用する際、携帯電話またはスマートフォンへの「トークンアプリ」のダウンロードが必要となります。下記の利用者マニュアルをご覧ください。

  ワンタイムパスワードアプリ利用者マニュアル
  ○携帯電話用
  ○スマートフォン用

   なお、ワンタイムパスワードアプリをダウンロードしている携帯電話またはスマートフォンを機種変更する際は、変更前に一度「ワンタイムパスワード利用解除」を行い、変更後の携帯電話またはスマートフォンで再度「トークン発行」「ワンタイムパスワード利用開始」の手続きをしてください。

メール通知パスワード
   パソコンにより登録情報変更等を行う際に、その都度お客さまが登録されているメールアドレス(パソコン、携帯電話、スマートフォン)宛にパスワードが通知され、従来の「確認用パスワード」に加えて、通知されたパスワードの入力を必須とする機能です。
 犯罪防止の観点から、パスワードの送信先は、インターネットバンキングご利用のパソコン以外のパソコン、携帯電話、スマートフォンを設定するようお願いいたします。

  (参考)  メール通知パスワードは、「都度振込方式」(振込の都度、銀行名・支店、振込先等の入力をしていただく方式)の振込・振替において有効な機能ですが、当組合の振込・振替は、振込先を事前に登録された先のみに限定した「事前登録方式」のみであり、適用されません。
 
機能の概要
 メール通知パスワードについて

  【注意】  「ワンタイムパスワード」と「メール通知パスワード」を同時に利用することはできません。

 
ご注意いただく事項(その5)
平成27年3月2日
インターネットバンキングの操作画面変更のお知らせ
  当組合では、去る平成27年2月16日にインターネットバンキングにおける利用者様の操作性向上のため、操作画面の変更を行いました。詳しくは、各種マニュアルに変更後の説明書を掲載いたしましたのでご覧ください。
 また、操作画面の変更に伴い、ログイン用画面のURLが変更になりましたのでご連絡いたします。
 ログイン用画面の旧URLを開いた場合、リニューアル後のログインページよりアクセスし直していただく旨のお願いが表示されます(画面@)。 本画面のURLをクリックしていただくと変更後のログインページが表示されます(画面A)ので、変更後のログインページからログインするようお願いいたします。
 また、「お気に入り」等にログイン用画面の旧URLが登録されている場合は、改めて変更後のログイン用画面のURLを登録し直されますようお願いいたします。

ご不明な点は以下の先にお問い合わせください。
埼玉県医師信用組合 営業部
Tel 048−824−2651
受付時間 平日 9:00〜17:00
 
ご注意いただく事項(その4)
平成26年11月1日
不正送金対策ソフト「PhishWallプレミアム」をご利用ください!
 最近、国内の金融機関において多発しているインターネットバンキングを利用した不正送金への対策として、当組合では株式会社セキュアブレインが提供する、不正送金対策のセキュリティソフトである「PhishWall(フィッシュウォール)プレミアム」に対応しております。
無料ですので、安全対策として、是非インストールしてご利用ください。
詳しくは PhishWallプレミアムの説明 ( 648KB)をご覧ください。

 
ご注意いただく事項(その3)
平成26年4月24日
インターネットバンキングの注意喚起について!
(OpenSSLの脆弱性、WindowsXPサポート終了、取引口座への不正アクセス)

1. OpenSSLの脆弱性について
   インターネットで用いられるソフトウェア*OpenSSLに関しまして脆弱性が注意喚起されておりますが、当組合のインターネットバンキングにつきましては、脆弱性が指摘されているバージョンは使用しておりません。
OpenSSL=パスワード等の情報をやり取りする際の暗号化に用いられるソフトウェア
2. WindowsXPサポートの終了について
   2014年4月9日より、WindowsXPのサポートが終了となりました。詳しくはマイクロソフト社のホームページ等でご確認ください。
安全にお取引いただくため、当組合のインターネットバンキングはWindowsXP以降のOSでご利用くださるようお願い申し上げます。

3. 取引口座への不正アクセス
   漏えいしたID・パスワードを使用した預金口座への不正アクセスが発生しているという報道がされております。
つきましては、インターネットバンキングにおける不正送金等を防止するため、以下の対応を図るようお願い申し上げます。
セキュリティ対策ソフトの最新化と定期的なチェック
パソコンには、必ずセキュリティソフト(ウィルス対策ソフト)を導入し、最新版へアップデートしてください。
また、パソコンがウィルスに感染していないことを定期的に確認してください。
パスワードの定期的な変更
パスワード等は、必ず定期的に変更してください。
また、漏えい防止のため、同一パスワードを他のサービスで使いまわしすることは行わないようにしてください。
定期的な利用状況の確認
インターネットバンキングの利用有無にかかわらず、利用履歴等を確認し、不正なアクセスがないかを定期的に確認してください。
万が一、不正アクセス等が判明した場合は、速やかに当組合営業部にご連絡ください。

営業部  Tel  048−824−2651
受付時間 平日 9:00〜17:00
 
ご注意いただく事項(その2)
平成24年11月1日
不正な画面によりインターネットバンキングの情報を盗み取ろうとする犯罪にご注意ください!

最近インターネットバンキングサービスにログインした後に、IDやパスワード等の再入力をさせる画面(ポップアップ画面)が表示され、お客様の情報を盗み取る新たな手口の犯罪が、他の金融機関で発生したとの報道がございます。
当組合のインターネットバンキングサービスでは、ポップアップ画面によりお客様のID・パスワード等を入力いただくことはありません。また、送金等の取引時以外に、ログイン後あらためてID・パスワード等のお客様情報の入力を求めることはありません。
そのような画面が表示される場合、お客様のパソコンがウィルスに感染している恐れがあります。その場合には、当組合営業部(048-824-2651)にご連絡いただくとともに、
・最新のウィルスパターンファイルによるウィルスチェック
・パソコンの初期化
等の対策を実施するようお願いいたします。
 
ご注意いただく事項(その1)
平成23年11月1日
インターネットバンキングによる身に覚えのない不正振り込みにご注意下さい!
以下のような、金融機関を装った電子メール等による悪質な犯罪事件が報道されております。
これまで当組合での発生はありませんが、不審な電子メール等には十分ご注意ください。

金融機関を名乗った電子メールにて、インターネットバンキングのID・パスワード等を入力させてお客様の個人情報を盗み、不正な振込を行う等の犯罪が発生しているとの報道がございます。
当組合が電子メールでIDやパスワード等をお尋ねすることはございません。
容易に類推可能なIDやパスワードにつきましてはできるだけ早期に変更していただくようお願い申し上げます。また、パスワードの定期的な変更をお勧めいたします。
スパイウェア(*)と呼ばれるプログラム等を悪用してIDやパスワード等を盗み、インターネットバンキングにより不正な振込を行う等の犯罪が発生しているとの報道がございます。
(*) スパイウェアとは、フリーソフトのダウンロードや電子メールを介してパソコンに侵入し、パスワードなどの個人情報を勝手に外部に流してしまうソフトのことをいいます。
不審フリーソフトや心当たりのないメールなどからお客様のパソコンにスパイウェアが組み込まれてしまう可能性がございます。
不審ソフトのダウンロードや、心当たりのないメールの開封には十分ご注意いただくとともに、ご自分の管理されているパソコンに対してはウィルス対策ソフトの導入および最新版へのアップデートをお勧めいたします。

万が一、身に覚えのないお取引に気がついたり、スパイウェア侵入の可能性のあるパソコンでインターネットバンキングをご利用なされたと思われる場合等には、至急当組合営業部(048-824-2651)までご連絡くださいますようお願いいたします。
ソフトウェアキーボードのご利用をお勧めします!
 パスワードの入力は「ソフトウェアキーボード」による入力を強くお勧めします。
当組合のインターネットバンキングサービスでは、「ソフトウェアキーボード」による、パスワード入力機能をご利用いただけます。パソコンのキーボードを使用する代わりに、画面上に表示されたキーボードをマウスでクリックすることで、パスワードの入力ができます。キーボード操作履歴がパソコン上に残らない為、パソコンのキーボードからの入力情報を盗むスパイウェアに対して、通常のキーボード入力と比べて、安全な入力方法です。



バンキングTOPページへ戻る